自分でまもる
家族でまもる
地域でまもる
認知症予防はみんなの願い
お知らせ
理事長あいさつ
講座代表・教授 浦上克哉
鳥取大学医学部
保健学科生体制御学講座
教授 浦上克哉
地域、家族との連携が取れた
認知症予防を目指して
今の認知症医療の課題として、“地域連携ができていない”ということがあげられています。日本認知症予防学会では認知症の人と家族を支えていくためには、多数の職種の皆さまが協働していくことが必要だと考え、認知症に携わる多職種が集まり予防という視点から認知症対策を考えていく学会にしたいと思います。 さらに、専門士の制度化や認知症の診断治療に対応できる制度の立ち上げを行ってまいります。現在、東南アジアの国々でも日本の後を追うように認知症が増加し大きな課題となっておりますので本学会では、国際的視野で活動していきたいと考えております。
このような学会に多くの方が参加し、社会貢献できる学会になることを期待しておりますので何卒、宜しくお願い致します。
入会のご案内
日本認知症予防学会は、認知症予防に関連する諸分野の科学的研究の進歩発展をはかり、その成果を社会に還元することを目的としています。予防とは発症前の予防のみならず、早期発見・早期治療、進行抑制までを含んでいます。認知症診療・ケア等認知症高齢者への対応は多職種共働であたる必要があり、本会は多職種で集まり、研究発表及び経験を蓄積する場を提供します。
会員になったらできること
学術大会への参加、研究発表
学術誌の受け取り
職種を超えた会員相互の交流
認知症予防専門医、専門士等の認定が受けれる
どなたでも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ
活動内容の詳細やご意見、会員についての疑問点など、
お気軽にお寄せください。
〒805-0033 福岡県北九州市八幡東区山路松尾町13-27
 093-654-6363
Copyright©日本認知症予防学会 All Rights Reserved.